足立の花火大会2015 屋台を巡ってのんびりデート!

公開日:  最終更新日:2015/07/08

花火大会の季節がやって来ましたね!

今年も口火を切るのは、1時間に約1万2000発もの花火を打ち上げる足立の花火大会

この足立の花火大会、毎年花火を観るために60万人以上の観客がやって来ます。

隅田川や東京湾花火大会と違って、意外と落ち着いて見る事が出来る穴場的な花火大会なので、ゆっくりと余裕をもって見たいカップルやファミリーにお勧めです。

そこで今回は、大切なデートの時間を過ごすために足立の花火大会2015の屋台情報やおすすめの観覧場所をご紹介していきます。

スポンサードリンク

 

足立の花火大会2015の日程と打ち上げ時間

日程
2015年 7月18日(土)
※荒天の場合
7月19日(日)
時間:19:30~20:30
場所:荒川河川敷
打上場所は千住側(堤南)

足立の花火大会 場所

最寄り駅
■千住側(堤南) ・東武線・JR・東京メトロ・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩約15分 ・日暮里・舎人ライナー足立小台駅から徒歩約25分

■西新井側(堤北)
東武線小菅駅・五反野駅・梅島駅から徒歩約15分

 

スポンサードリンク

 

足立の花火大会で屋台が多いおすすめの場所は?

<北千住駅ルート>
①北千住駅西口から郵便局経由で千住新町住区センターに向かうと、センター北方側の道路が歩行者天国になっていて、そこに多くの屋台が出ています。

②さらに進み国道4号線をくぐり、土手方向へ進むとここでも多くの屋台が出ています。

北千住駅ルートは屋台が多く出ていて楽しめますが、かなり混雑しますので花火の打ち上げ前の早い時間に屋台巡りをした方が良いでしょう。

足立の花火大会屋台

足立の花火大会 デートにおすすめの観覧場所

花火を見る場所は荒川の河川敷の土手に座って見ますが、花火を見やすい場所で見るなら早めに行って場所取りが必要になります。

河川敷は西新井側と千住側がありますが、花火の打ち上げ場所は、千住側なので花火を間近から見上げて迫力を楽しみたい方は千住側がお勧めです。

しかし、立ち入り禁止区域が多く見る場所が狭いので、午後3時頃までには場所を確保しないと良い場所で見れない可能性があります。

一方、西新井(堤北)側の河川敷は観覧エリアも広いため、千住側よりもゆったりと花火を見れるのでお勧めです。

こちらは、土手近くの堤防はよく見える場所なので多少混雑しますが、堤防を降りてグラウンドまで行けば開始1時間前の到着でもいい場所が確保できるでしょう。

adachibasyotori

さいごに

いかがでしたか

この足立の花火大会、河川敷での観覧なので虫除け対策を忘れなく!

また、河川敷では屋台などの出店は禁止になっているので、飲食物は事前に用意して置いたほうが良いでしょう。

トイレは仮設トイレが用意されますが、大変込み合うので事前の対策が必要です。

それでは、楽しい花火大会を満喫してきて下さい!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

PAGE TOP ↑