石崎奉燈祭2015の日程・スケジュール・アクセス!見所は何?

公開日:  最終更新日:2015/07/19

皆さんは石川県の石崎奉燈祭というお祭りをご存知でしょうか?

石川県の七尾市といってもピンとこない方もいらっしゃると思いますが、七尾市は輪島の手前に位置する、和倉温泉のある地域になり ます。

その石川県七尾市で行われるお祭り、石崎奉燈祭が今年もやってきます!

石崎奉燈祭は「いっさきほうとうまつり」と読みます。

私にとっては七尾は私の父のふるさとで、とても思い出深いお祭りです。

石崎奉燈祭は石川県内でも最大級の『キリコ(奉燈』が担ぎ出される迫力満点のお祭りなんです。

今回はこの石崎奉燈祭2015年の日程やスケジュール・アクセス方法、また、見所についてご紹介いたします。

この大迫力のお祭りを、一度リアルに見学しに出かけてみてはいかがでしょうか!

スポンサードリンク

 

石崎奉燈祭とは?

七尾市石崎町は、昔気質が残る活気にあふれる漁師町です。
海の男達が年に一度、熱い血潮をたぎらせるお祭りが石崎奉燈祭です。

このお祭りは、石崎八幡神社の納涼祭(お涼み)が度重なる大火が原因で、明治22年、網すき(網大工)の口添えで奥能登より古い 「キリコ」を移入して始めたものであり、大火以前のお涼みは祇園系の山車だったといわれています。

能登に数多く点在するキリコ祭りは京都祇園祭の流れを汲むもので、石崎奉燈祭も平成7年まで京都祇園社の例祭日にあたる旧暦6月15日に行っていました。

祭り当日、どこからともなく聞こえる祭囃子が祭り気分を盛り上げます。

ねじり鉢巻に地下足袋を履き、きつく締めたサラシにお守りを携えた男達とそれを見守る女の人達。

町中には「サッカサイ、サカサッサイ、イヤサカサー」と威勢のいい掛け声が響き渡る中、奉燈が進む様はまさに圧巻。

1基を100人程で担ぐ姿はその統制ぶりも見事。

夜には奉燈に灯火が献じられ、浮かび上がった武者絵や大書の墨字が幻想的な空間を醸し出します。
クライマックスの奉燈の乱舞競演では、担ぎ手、観客の興奮は最高潮に達します。

奉燈(キリコ)   
重さ:2t
幅:2.5m
高さ:約12~15m
長さ 担ぎ棒 約9メートル

石崎奉燈祭1

 

スポンサードリンク

 

石崎奉燈祭2015の日程とスケジュール

●開催日程 
8月1日(第1土曜日)

●場所 
石川県七尾市 和倉温泉駅前広場、石崎町全域

・前夜祭(金)少年部奉燈前夜祭10:00~19:30
 西三区奉燈前夜祭15:30~22:00

・本祭(土)
9:00 石崎小学校マーチングパレード
14:00 東三区出発 東へ向かう
14:20 東四区出発 西へ向かう
14:40 東一区先頭に出発 堂前へ向かう
15:00 東四区先頭に出発 堂前へ向かう
15:20 東一区、東二区、東三区、東四区、西二区、西一区順に堂前入場大奉燈堂前乱舞
16:30 大漁祈願祭
17:10 大奉燈堂前乱舞
18:00~20:00休憩
20:00 堂前出発
20:50 堂前到着
24:00 解 散(予定)

石崎奉燈祭の見所は?

◆見所①
石崎奉燈祭の最大の見所は、なんといっても堂前広場で行われるの奉燈乱舞です!
高さが10mを超す奉燈6基が狭い町中を乱舞します。

堂前広場とは普通の交差点のことを祭り中は堂前広場と呼んでおり、この広場で乱舞します。
とても大きなキリコ6台が乱舞する姿は大迫力です!

また、奉燈を100人もの男の人が担ぎ、『サッカサイ!サカサッサイ!
イヤサカサー』と息をピッタリと合わせる姿は見事の一言です!

◆見所②
夜になると、奉燈に灯りが燈されこれまた幻想的です。

石崎奉燈祭2

交通アクセス

◆新幹線:北陸新幹線で金沢まで。
 特急能登かがり火号で七尾へ。
◆電車:七尾線「和倉温泉駅」から徒歩10分
◆車:能越道田鶴浜ICから国道249号経由2km10分

さいごに

いかがでしたか

石崎奉燈祭、間近で観ると大迫力ですよ!

街の歩道、車が2台通れるかくらいの道を大きな奉燈が通ります。

担ぎ手の男の皆さんの歯を食いしばる姿、肩を真っ赤にしてサカサッサイと担いでる姿にこちらも熱くなり魅了されます、本当に大迫 力です!!

しかし、残念ながら過去に見物客を巻き込んで重大な事故に繋がったこともある奉燈祭りですので、間近で観る場合は奉燈が万が一自 分の方へ押し迫ってきたら逃げられるように道の確保は必ずしてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑