ほうれい線顔のたるみ原因はなに?薄くする方法と予防法

公開日:  最終更新日:2015/08/07

口元に薄っすら、またはくっきりできたほうれい線。

ほうれい線とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本のしわのこと。

肌質でいえば、脂性の人よりは乾燥肌の人の方がほうれい線はできやすく、太っている人よりは痩せている人の方ができやすく目立ってしまうという特徴もあります。

老け顔を印象づけるほうれい線は、頬のたるみが一番の原因で、小鼻の脇から薄っすら姿を現してきます。

顔のたるみやほうれい線は、女性であれば誰もが気になるところです。

今回は、そんなほうれい線にお悩みの方へ、ほうれい線たるみの原因やほうれい線を薄くする方法と予防法をご紹介いたします。

スポンサードリンク

 

ほうれい線顔のたるみの原因はなに?

◆ほうれい線たるみの原因
「肌のハリ、弾力の低下、表情筋の衰え・乾燥、加齢」

上記などが原因となりほうれい線が出来ると言われています。
肌のハリ・弾力の低下は、加齢により肌のクッションとも言われるコラーゲンやエラスチンが低下し、表情筋の衰えも加齢が原因となり表情筋の力が低下することによりたるみがでてきます。

乾燥や紫外線、加齢による肌のたるみの他にも、ストレスや睡眠不足、暴飲暴食などほうれい線ができる原因は様々です。
最近ではパソコンや携帯メールなどによる目の使い過ぎから、20代前半の女性でもほうれい線に悩む人が増えています。

ほうれい線を薄くする方法はある?

ほうれい線予防のため、またはできてしまったほうれい線を薄くするために、毎日軽く口周りのエクササイズを行うと良いでしょう!

◆ほうれい線を薄くする方法
ベロを回すだけの簡単なエクササイズ♪
ほうれい線だけでなく様々な効果が期待でき、顔の表情を明るく若々しく保つためにも、ぜひ実践してみてください♪
♪口を閉じたまま、舌を歯の表面に沿ってぐるりと回します。
♪まずは、左回りに20回行いましょう。
♪次に、右回りに20回行います。

◆リフトアップマッサージ
リンパの流れを良くし、たるんだ肌を持ちあげる効果があるそう。
顔のくすみやむくみなどにも。自宅で簡単に出来る。
♪鎖骨をマッサージ
♪あごのまわりをマッサージ
♪あごから耳の後ろ、そして鎖骨へと流す
♪顔を手のひらで覆って皮膚を下から上へ持ち上げる
♪指の腹で顔を押す

◆毎日の歯磨きタイムに♪
毎日の歯磨きタイムに出来るのがポイント!
♪歯ブラシを吸う
♪歯ブラシの背を使い口内からほうれい線を伸ばす
♪ほうれい線を指でたたく

◆ほっぺをプクっ&チュー運動
タレントのローラがほうれい線予防でぷくっとほっぺを膨らましているのをご存知の方は多いのでは♪
膨らましたあとはほっぺを吸うと効果的!
♪頬をおもいっきり膨らます
♪頬をおもいっきり吸うという

 

スポンサードリンク

 

ほうれい線顔のたるみを予防する方法は?

●紫外線から肌をガードする
コラーゲンやエラスチンが減少することで、たるみが進行していきます。
まずは、徹底したUVケアを!
紫外線は真皮のコラーゲンやエラスチンのネットワークを断絶して、徐々に減少させてしまいます。

●しっかりと保湿する
肌が乾燥するとほうれい線が出来やすくなってしまいます。
しっかりと保湿し、肌の潤いを保ちましょう。

●表情筋を鍛える
前述のようによく噛んで食べることも表情筋を鍛えることになりますが、大きな口を開けて歌を歌うことも効果的です。
また、表情筋を鍛えるグッズとしてお勧めなのがパタカラやマウスピース。
毎日続けることで口元の筋肉を鍛えることができます。

●仰向けで眠る
長時間横向けで眠ることは、枕につけた方と反対側の頬が重力で垂れている状態になるため、ほうれい線が深くなります。
できるだけ仰向け寝を心掛けましょう。
これだけでほうれい線が左右対称になり、浅くなるためお勧めです。

●質のいい睡眠をとる
ほうれい線を解消するには肌のハリ・弾力をアップさせる必要があります。
そのためには、22時から深夜2時までのゴールデンタイム質のいい睡眠をとることが不可欠です。

●バランスの取れた食事をする
酵素たっぷりの生野菜やフルーツはもちろん、不足しがちな海藻も積極的に摂り、バランスの取れた食事を心掛けましょう。
バランスの取れた食事とは、穀類や野菜、タンパク質、乳製品、脂質、果物、海藻などをそれぞれうまく組み合わせた食事のことを指します。

減っていくコラーゲンを少しでも、再生させるためには、コラーゲンの元となるたんぱく質と、その生成を促すビタミンCを積極的に食品から摂るようにしましょう。

肉類、魚類、大豆製品、野菜、果物をバランスよく食べるように心がけることが大切です!

コラーゲン
ウナギや鶏肉 手羽肉、豚足、牛スジに多く含まれています。
コラーゲンを食べたからといってそのままコラーゲンになるというわけではありません。
コラーゲンは私たちの皮膚や骨・軟骨などを構成する物質で、なくてはならないタンパク質です。

さいごに

いかがでしたか

ほうれい線があるだけで老けた印象になってしまうため、早くから予防を心掛けたり、既にほうれい線にお悩みの方は解消法を試されることをおすすめします。

「美は1日にしてならず。」
5年後、10年後のためにも、バランスのいい食 生活や紫外線予防を心がけるのが肝心ですね!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑