足利フラワーパーク藤の見頃はいつ?ライトアップの期間と時間は?

公開日:  最終更新日:2016/02/29

足利フラワーパーク1

「世界一美しい藤」と称賛されている大藤をご存知でしょうか?

栃木県の足利フラワーパークにある、栃木県指定の「天然記念物」で樹齢150年にも及ぶ600畳敷きの世界でも珍しい八重の大藤棚や、長さ80mの白藤のトンネルなど350本以上の藤が毎年4月中旬頃になると花を咲かせ、観る人を楽しませてくれています。

また、見頃を迎えると日本夜景遺産に認定された「ふじのはな物語」という名目で、期間中ライトアップされ幻想的な別世界が演出され見る者を魅了します。

今回は、足利フラワーパークの藤まつり「ふじのはな物語」の見頃はいつ頃なのか、ライトアップの期間と点灯時間はなどご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

足利フラワーパーク藤の見頃はいつ?

足利フラワーパークの藤の見頃は「ふじのはな物語」の開催期間中の4月中旬から5月中旬が見頃の期間になります。

また、足利フラワーパークには数種類の藤があり見頃が多少ズレます。

種類別に見頃の期間を紹介します。

うすべに藤
見頃:4月中旬~4月下旬頃
・さくら色のまばゆい藤

むらさき藤
見頃:4月下旬~5月上旬

大藤(栃木県指定天然記念物)
見頃:4月下旬~5月上旬頃
・広さ1,000㎡の大藤棚(600畳敷きの藤棚)

白藤
【見頃】5月上旬頃
・長さ80mの白藤のトンネル

きばな藤
【見頃】5月上旬~5月中旬頃
・長さ80mのきばな藤のトンネル

白藤トンネル

約1ヶ月の間、色とりどりの藤を楽しむ事が出来ます。

最新の開花状況はこちらで確認できます。
あしかがフラワーパーク現在の花の状況

▼パークエリアマップ

足利フラワーパークmap

 

スポンサードリンク

 

足利フラワーパーク藤のライトアップの期間と時間は?

足利フラワーパーク

◆大藤まつり【ふじのはな物語】◆
開催期間
2016年 4月16日~ 5月22日
開園時間
4月16日~4月22日 AM7:00 ~ PM6:00
4月23日~5月15日 AM7:00 ~ PM9:00

入園料
【昼の部】
大人 900~1,700円/小人 500~800円
【夜の部】
大人 600~1,400円/小人 300~700円

※花の咲き具合により期間・料金は変動します。
※開花状況により、入園料・ライトアップ期間は変動します。
※夜の部は入替制ではありません。
※夜の部の入園券は17:30より販売となります。

◆アクセス方法◆

▼自動車を利用の場合
【東北自動車道より】
・佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)

【北関東自動車道より】
・太田桐生ICより、国道122号経由、国道50号足利・小山方面進行(約20分)
・足利ICより、国道293号経由、県道67号佐野方面進行(約15分)
・佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)
※カッコ内の所要時間は平常時の目安です。

▼無料大型駐車場完備
大型バス/ 40台 普通車/ 300台

▼電車を利用の場合
JR両毛線「富田駅」下車
・東武伊勢崎線を利用の場合、久喜駅にてJR東北本線に乗り換えて小山駅より両毛線を利用下さい。
・JR上野駅からもJR東北本線にて小山乗り換えとなります。
富田駅より徒歩13分

・東武伊勢崎線「足利市駅」下車

足利市駅⇒足利フラワーパーク
シャトルバスが運行(片道400円)

さいごに

いかがでしたか

大藤まつり、ふじのはな物語の期間中4月中旬~5月中旬頃には、5,000本以上のつつじも咲き誇り見頃を迎ます。

ゴールデンウィーク頃に見頃を迎えるこの「藤とつつじ」を是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

※尚、ペットを連れてのご入園はできませんので注意下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑