めまいと立ちくらみの違いは?何が原因でなるの?治す方法は?

公開日:  最終更新日:2016/05/24

めまいや立ちくらみ2

よく耳にするめまいや立ちくらみ。

しかし、めまいや立ちくらみは症状が何となく似ているため「めまい」と「立ちくらみ」の違いを意外と知らない人が多いんですね。

このめまいと立ちくらみには、実はかなり違いがあり、症状によっては病気の可能性もあるので、注意しなければいけません。

そこで今回は、このめまいと立ちくらみの違いは何か、何が原因で起こるのか、治す方法はどうすればよいのかをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

めまいと立ちくらみの違いと原因はなに?

▼めまいとは
「めまい」は、突然血の気が引いてクラクラしてしまう主に突発的に起こることが多い症状で、「回転性のめまい」と「動揺性のめまい」の大きく2つに分けられます。

この回転性めまいと動揺性めまいの違いは、発症原因の部位が違うのが特徴です。

【回転性のめまい】
回転性めまいの直接的な原因は、前庭神経や三半規管の異常と言われており、これらの異常によって間違った情報が脳幹から中枢に送られるため、自分ではどうすることもできなくなります。

運動感覚や位置の感覚に異常をきたしていることからくるもので、脳や耳の中の機能に障害が発生することで身体の平衡感覚がにぶり、頭がグルグルと回る感じの回転性のめまいやフワフワとする浮動性めまいなどを発症します。

脳や耳の中の機能に障害が発生する回転性のめまいは、意外な病気が潜んでいることも少なくありません。
中には命にかかわる病気が原因ということもあるようです。

頭がグルグルと回る感じの回転性のめまいは以下の病気の疑いがあるため、専門医の診察を受ける事をおすすめします。

回転性のめまいを起こす病気
メニエール病
前庭神経炎
自律神経失調症
更年期障害
聴神経腫瘍
脳血管障害
椎骨脳底動脈循環不全
うつ病
パニック障害
ハント症候群
慢性中耳炎

【動揺性のめまい】
回転性のめまいのような脳や耳の異常ではなく、フラフラふわふわといった体のバランスが保てない状態に陥ります。

動揺性めまいには4つの種類があります。

①原因が主に脳にあると言われている中枢性めまい。
脳の中の小脳にトラブルが起きると平衡感覚がマヒし、体がバランスを保てなくなるため、ふらふらとしためまいとして症状が起きる。

②自律神経の異常が原因で起こる全身性めまい。
何らかのストレスや生活習慣などの乱れによって引き起こされる。

③服用した薬が原因で起きる薬物性めまい。
病院で処方されたものや薬局で自分で購入したものでも起きてしまう。

④精神的なストレスによって引き起こされる心因性めまい。
仕事や人間関係などのストレスを長期間感じていると、精神だけではなく体にまで影響を与えてしまう。

また、持病などの低血圧、高血圧、貧血がある場合にもこのような症状が出ると言われています。

▼立ちくらみとは
立ちくらみは、しゃがんでいたり座っている状態から立ち上がったり、長い時間立ちっぱなしの状態が続いた時に起きるもので、これは脳内の血圧が急激に下がるために起きる症状です。

低い位置から立ち上がったりすると、血圧の低下を防ぐ機能が間に合わずにクラクラっと目の前が真っ白や、真っ暗になり意識が薄れていくような症状を引き起こします。

立ちくらみが起こる原因には、起立性低血圧や鉄欠乏性貧血の他、自律神経の乱れや更年期障害、睡眠不足などがあります。

また、月経時、妊娠時などにもこの症状が現れることがあります。

 

スポンサードリンク

 

めまいや立ちくらみを治す方法はある?

▼めまいを治す方法
回転性のめまいや動揺性のめまいは病気の疑いがあるため、専門医の診察を受ける事をおすすめします。

▼立ちくらみを治す方法
立ちくらみの原因は大きく3つありそれぞれの改善方法は違ってきます。

①血圧によるもの
低血圧によっても立ちくらみは引き起こされます。
血圧を正常化させるには適度な運動と栄養バランスを考えた食事など、食生活の見直しが健康的な身体を取りもどす事で根本的な解決となります。

②自律神経失調症によるもの
自律神経失調症は立ちくらみ以外にも身体へ様々な影響を及ぼす病気です。
自律神経においては自身ではコントロールすることができないため、生活習慣の見直しをして健康的な身体を取りもどす事が解決策となります。

③貧血によるもの
貧血も立ちくらみを引き起こす大きな要因とされています。
貧血については鉄不足によるものなので鉄を補給することが最善策となります。
特に、生理などの出血に伴って鉄を失う機会が多い女性は注意が必要です。

ここまで立ちくらみの原因についてお伝えしましたが共通するのは「食生活の改善」です。
では、食生活の改善とは具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか?

立ちくらみは、貧血の原因となる鉄分を補える食事を摂ることが一番です。
しかし鉄分は体内への吸収率が悪い栄養素と言われていて、適当に食事をしていては鉄分の摂取はできません。
鉄分を効率的に補うためにはバランスの良い食事を摂ることが必要です。

しかし、仕事で毎日忙しくて食事の管理が難しい場合は、鉄分が補給できるサプリメントがおすすめです。

1日に必要な鉄分を手軽に補給できるサプリメントは造血ビタミンと言われる葉酸、ビタミンB12と鉄の吸収率を高めてくれるビタミンCを配合しているサプリメントが、鉄分を補給するには一番効率的です。

サプリメントの選び方で大切なのは!
○自然食材を使用している事
栄養素を人工的に加工した(化学合成)安いサプリメントでは効果は見込めません。

○添加物を使用していない事
鉄を補給するには毎日継続して服用しなくてはいけません。
毎日摂取するものですから安全性は絶対条件です。

1日に必要な鉄分をしっかり補給すれば、立ちくらみは解消されていきます。

ぜひ鉄分サプリメントを取り入れて、立ちくらみを解消してください。

⇒ ⇒ 良質な鉄分を効率的に補給するなら!

さいごに

めまいや立ちくらみは、子どもからお年寄りまで男女問わず発症するので、普段から栄養バランスのとれた食事を心がけ、しっかりと睡眠をとり体調を整え普段の生活を快適に過ごしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑