しだれ桜の咲く時期と見頃はいつ?名所は東京近郊にある?

公開日:  最終更新日:2015/06/17

桜の開花予想が始まり、お花見シーズンももうすぐ始まりますね。
桜は春の到来を実感できる花でもあり、誰からも愛され、見るものを魅了する不思議な力を持っています。

桜といえばソメイヨシノを思い浮かべる方が多くだと思いますが、桜の種類の中でも「しだれ桜(枝垂桜)」は圧巻!
堂々と聳え立つ姿に感動を覚え見るものを魅了し ます。

そんなしだれ桜、見に行きたくなりませんか?
今回はこのしだれ桜の咲く時期や見頃、東京近郊で見れるしだれ桜の名所についてご紹介いたします。

スポンサードリンク

しだれ桜の咲く時期と見頃はいつ?

しだれ桜(枝垂桜)とは、枝がやわらかく柳のように垂れる桜の総称を指します。
エドヒガンの系統が多く、品種もさまざまです。
ヤエベニシダレやベニシダレなどが有名で、キヨスミシダレのような品種もあります。

開花時期は4月で、見ごろは3月下旬~4月上旬。

また、日本の桜の8割を占めると言われているソメイヨシノは70~80年の寿命と言われているのに対し、しだれ桜の寿命は300年と言われており、日本三大桜の一つに数えられている三春滝桜(ベニしだれ桜)は樹齢1,000年を超えている名木となっています。

主な桜の咲く時期

1月下旬寒被桜

2月中旬冬桜、川津桜

3月中旬彼岸桜、しだれ桜

続いて大島桜、ソメイヨシノ

その後八重桜等のサトザクラ

スポンサードリンク

 しだれ桜の名所は東京近郊にある?

<六義園>
見頃の時期:3月下旬~4月上旬
東京文京区本駒込にある六義園  
庭園の中心部に入る内庭大門をくぐった瞬間、目の前に現れる巨大なしだれ桜です。

<小石川後楽園>
見頃の時期:3月下旬~4月上旬
東京と文京区後楽にある小石川後楽園。
風格ある古木が多いことでも知られています。
樹齢60年を超すといわれ、枝を広げるその風格は若い桜ではかないません。

<清雲寺のしだれ桜>
見頃の時期:3月下旬~4月上旬
埼玉県秩父市荒川にある清雲寺のしだれ桜 。
埼玉県の天然記念物に指定されていて、樹齢約600年といわれるエドヒガンザクラをはじめ、秩父紅しだれ桜など大小30本、見事なしだれ桜が咲き誇ります。

<長光寺のしだれ桜>
見頃の時期:3月下旬~4月上旬
千葉県成田市、長光寺の境内にある樹齢約300年のしだれ桜。
山武市指定文化財・天然記念物なっており、ウバヒガンしだれ桜と呼ばれている。

<福星寺のしだれ桜 >
見頃の時期:3月下旬~4月上旬
千葉県四街道市の福星寺。
樹齢推定370年、樹高14m、通り周囲3.3m、地上数メートルの所で幹が二股に分かれているしだれ桜の大木。市の保存樹木に指定されています。

最後に

しだれ桜の花言葉「優美」「ごまかし」
しだれ桜、一度見てみたいですね。
そして夜のしだれ桜は幻想的な光に包まれ妖しくも神秘的で心惹かれることでしょう。
みなさんも今年はしだれ桜に酔いしれてみてはいかがですか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑