お風呂の鏡に付いた白い汚れ落とす方法は?予防策はある?

公開日:  最終更新日:2015/06/17

お宅のお風呂場の鏡はきれいですか?

だんだん見えづらくなってきて、気が付くとなんだか白くて硬いうろこ状のものがびっしり!?

取ろうとしても取れない…(-_-;)

この汚れ一度付いてしまったらちょっとやそっとじゃ落ちないんです。

そのやっかいなものの正体は?

これは、水道水中に溶けているカルシウムやマグネシウムなどの、金属イオンが蒸発したときにできたカルシウムが原因でできる、水垢=ウロコ汚れと言われるものです。

どのご家庭でもこのウロコ汚れには困っているようですね。

そこで今回は、そんな水垢を確実に落とす方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

お風呂の鏡に付いた白い汚れの落とし方は?

この水垢の落とし方にはいくつかの方法があり、汚れ具合によっても違ってきます。

●汚れが少し気になりだしたら

酸を使う

お酢かクエン酸を布に付けて磨いてみるか、お酢かクエン酸で濡らしたキッチンペーパーを鏡に貼り、その上からラップを貼り付けて湿布、半日置いてその後、布や雑巾等にお酢かクエン酸をしみ込ませて鏡全体をふく。

●少し見えるが見づらい状態

歯磨き粉を使う

スポンサードリンク

歯磨き粉を適量布に付け鏡をまんべんなく磨く。
歯磨き粉を洗い流してから、きれいな布で乾拭きする。
歯磨き粉には研磨剤が含まれているため、鏡に付いた水垢を擦り落とす効果があります。

また、同じ研磨効果があるものとしてクレンザーを使ってもOKです。
この方法で日頃からお掃除していれば水垢は付かず、付いてもスグに落とせるでしょう。

●まったく見えない状態

水垢のカルシウムを溶かすスケール除去剤でひたすら磨く。

もっと簡単で一番のおすすめは、プロ専用の研磨ツールで鏡用ダイヤモンドパット、人工ダイヤモンドを使用していて、しつこい水垢もこれを使えばうそみたいに簡単に落とすことが出来ます。

ちょっと前まっでは、ホームセンター等で1,000円位で売っていましたが、最近ではダイソーやキャンドゥなどの100均でも販売を開始して話題になっています。

白い汚れがつかない予防策はある?

水垢が落ちて綺麗になったら、できるだけキレイなまま維持したいですよね。

予防策として、お風呂が終わったらメラミンスポンジで軽く拭いて吸水力のあるもので、鏡の水分を取り完全に乾燥させる。

これで、いつまでもピカピカの状態を保てますよ。

さいごに

いかがでしたか

お風呂に入る度に鏡がピカピカだと気持ちいいですよね♪

一日の疲れと汚れを落としたら、さいごに鏡もお手入れしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑