梅雨に洗濯物を部屋干しで乾かす場所とコツは?匂いは付かない?

公開日:  最終更新日:2015/04/09

今日は雨… 明日も雨… 今週はずっとすっきりしないお天気 (´・ω・`)

梅雨の時期に雨が降り続くと、洗濯物は外には干せず、仕方なく部屋干しに。

洗濯物を普通に部屋干しても梅雨の時期は、なかなか乾かないので困っている方は多いと思います。

そこで今回は、梅雨に洗濯物を部屋干しで乾かす場所とコツ、部屋干しをしても洗濯物に匂いは付かない梅雨時の洗濯術をご紹介いたします。

今年の梅雨の洗濯はこれで乗り切りましょう!

梅雨に洗濯物を部屋干しで乾かす場所は?

梅雨の時期に洗濯物を早く乾かすには、場所と干し方はかなり重要になってきます。

室内干しに適しているのは、広い・風通しが良い・エアコンや除湿機を使える部屋が良いですね。
しかし、どのご家庭にもある風通しの良い場所や、お風呂場で乾かすことってできるんです。

◆お風呂場◆
お風呂場というと湿気がこもっているイメージがありますが、窓と大きな換気扇が備え付けられているお風呂場は、湿気が取りやすく作られていて換気扇を回しながらしっかりと換気して干せるのでとても便利な場所なんです。

*ポイント*
洗濯物を干す30分くらい前から換気扇を回し、浴室の湿気を外に出す事!

◆風通しの良い場所に干す◆
リビングや階段の踊り場など広く開放的な場所で衣類を干す間隔を十分にとって干します。

梅雨に洗濯物を部屋干しで乾かすコツは?

◆風を当てる
洗濯物は風が当たる部分が広いほど早く乾きます、洗濯物どうしの間隔は10cmくらいはあけると良いでしょう。

◆除湿をする
洗濯物を「扇風機」と「除湿機」で乾かす。
扇風機を洗濯物をあて、除湿機で乾かします。

◆室温を上げる
室温が高ければ乾く時間が短縮されます。

◆衣類の乾かし方を工夫する
厚手と薄手(長いもの短いもの)は交互に干す
ハンガーは太目のものを使う
タオルなどは片方を長くして干す
ジーンズは裏返しにして筒状に干す
長袖やフード付きは逆さに干す

スポンサードリンク

やってはいけないこと!!
※カーテンレールに干す
カーテンに干すと触れている側が半乾きになりやすいです。
長時間乾かないと雑菌が増え、臭いの元です。

そしてカーテンや壁には意外と汚れがありますので半乾きの上に汚れが付着し、これもまた雑菌が増え臭いの元です!

洗濯物を部屋干しで匂いは付かない?

匂いの原因は洗濯物についた雑菌!
そして生乾きの状態のときに繁殖する「菌」なんです!

洗濯物の残った汚れと乾くまでの時間が長くなることによる汚れの酸化と菌の繁殖が原因です。

梅雨時に匂いが気になるのなら

・洗濯機に洗濯物を溜め込まない
何日も溜めると洗濯物に雑菌が増えて臭いの元になります。

・洗濯洗剤は決められた量を守りましょう
洗濯機の決められた量以上の汚れ物を入れると、洗浄能力が低下してしまい衣服に汚れが残こります。
洗剤を多く入れた方が綺麗になるから、と規定量以上の洗剤を使うと溶けきらなかった洗剤が衣服に残ってしまい、逆に臭いの原因となってしまいます。

・部屋干し用の洗剤、柔軟剤、酸素系漂白剤を使う
部屋干し用の洗剤や柔軟剤には菌の繁殖を減らし臭いを抑える効果があります。
酸素系漂白剤は部屋干し用洗剤に多く入っている成分ですので、通常の洗剤より汚れが落ちやすくなっています。

・洗い終わったらすぐに干す
中に入ったまま長時間放置してしまうと、洗濯機の中の雑菌やカビが衣服に付着してしまい、せっかく洗った洗濯物が臭う原因となってしまいます。

・洗濯槽を2、3ヶ月に1度は専用の洗剤で洗う
梅雨は常に湿度があります。雑菌やカビのを増殖させるのを防ぐために、洗濯槽の汚れを専用洗剤や漂白剤などで落としておきましょう。

大事なのは、溜め込まないでしっかりよく洗う!ことです。

さいごに

いかがでしたか

梅雨の洗濯は乾かなくてため息しか出ませんが、へこまずにコツを掴んで上手にジメジメした梅雨を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑