父の日のプレゼント食べ物以外で何がいい?年代別の選び方は?

公開日:  最終更新日:2015/04/10

6月の第3日曜日は父の日です。

毎年、父の日のプレゼントは何がいいか悩みますよね。

お母さんと違ってお父さんが喜びそうなものが全然わからない…

なんて方も多いと思います。

そもそも、父の日の始まりは、1909年アメリカに住む少女が男手一つで自分を育ててくれた父に感謝をし、教会の牧師に父の誕生日である6月に礼拝をしたのがきっかけと言われています。

1966年になるとリンドン・ジョンソン大統領が6月の第3日曜を父の日と定め、日本に認知されるようになったのは1980年代と言われています。

お父さんは一家の大黒柱であり、家族を養い、子供を育ててくれる大切な存在です。

そんなお父さんに感謝 を表す日である「父の日」に心に残る贈り物を贈ってみてはいかがでしょうか。

今回は、父の日のプレゼントで食べ物以外の贈り物、年代別のプレゼント選びについてご紹介いたします!

父の日のプレゼントは食べ物以外で何がいい?

母の日はカーネーション、父の日はバラがシンボルフラワーて知っていました??

日本ではあまり浸透していないようですが父の日にもちゃんとあったんですね。

とはいえ、バラをもらって喜ぶお父さんはあまり少ないのではないかと、考えてしまいがち。

お酒や食べ物が定番となっているようです。

しかし、悩むのは「お酒は飲まない・食べ物もNG」というお父さん、そういう場合は以下のものが人気があります。

☆お父さんに贈って喜ばれるもの☆

ハンカチ
ネクタイ
手紙やメール
ベルト
パスケース
洋服
財布

色々調べてみると、普段、毎日使えるものが多いですね!

迷ったときは、お父さんは毎日何をしているか、または休日のお父さんの姿を思い浮かべてください。

スーツを着て、電車に乗って会社へ行くお父さんには
ハンカチ・ネクタイ・Yシャツ・ベルト・パスケース・万年筆・小銭入れ

スポンサードリンク

作業着を着て、車に乗って会社に行くお父さんには
ポロシャツ・冷やしタオル・ベルト・車の鍵に付けるキーホルダー・リュック

自営で普段着のままお仕事をするお父さんには
洋服・ハンカチ・靴・オリジナルのボールペン・財布・靴下・マイグラス

料理をするお仕事のお父さんには
ハンカチ・メモ帳と筆記用具・洋服・家用エプロン・お父さんのお店でディナー

休日のお父さんに贈りたいもの
おしゃれな服・おしゃれな雑貨・香水・財布・趣味のグッツ・家族での時間

父の日のプレゼントの平均的な予算は、3,000~5,000円となっています。
子供の特権で「肩たたき券」等のマッサージ券も素敵ですね。

父の日のプレゼント年代別の選び方は?

20代、30代のお父さんの場合
・ハンカチ・ネクタイ
・財布やパスケース
・洋服
・肩たたきチケット、子供からの手紙
・オリジナルライターや靴

40代のお父さんの場合
・お酒(ビール、日本酒、焼酎、ワイン等)
・家族皆での食事
・財布やパスケース
・趣味のアイテム  
・ネクタイ

50代のお父さんの場合
・お酒(ビール、日本酒、焼酎、ワイン等)
・洋服
・時計、財布などの雑貨
・ゴルフ用品
・健康グッズ

60代~70代以降のお父さんの場合
・家族での食事や時間
・衣類
・手紙や、メール、電話等
・旅行
・健康グッズ

さいごに

いかがでしたか

毎日お仕事でお疲れ気味のお父さん。

母の日より盛り上がりがかけてしまいがちの「父の日」ですが、今年は母の日と同じくらいの盛り上がりで贈り物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか!

お父さんのちょっと照れくさそうにして喜ぶ顔が浮かんできます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑