乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?対処法やすぐ治る方法はある?

公開日:  最終更新日:2016/10/03

乗り物酔い2

暖かくなってきて、いよいよ春本番!

週末や連休など行楽シーズンは、いろいろな場所に出かける機会が増えると思います。

車やバス・電車や飛行機によるレジャーや旅行は何歳になってもワクワクしますね。

しかし、そんな楽しいイベントも乗り物酔いしてしまったらせっかくの思い出も台無しです。

そこで、今回は乗り物酔いについて予防策や対処法をご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

乗り物酔いとは?

乗り物酔いは体質だけでなく、乗り物酔いしやすい状況があるってご存知ですか?

乗り物酔いは、動揺病や加速病とも呼ばれていて、乗り物の揺れや、加速・減速の際に体に加わる加速度によって三 半規管が刺激された結果起きる自律神経の失調状態の症状です。

乗り物に乗っていると起こる、連続的な揺れ(加速度刺激)が内耳に加わり、この刺激と他の刺激、眼に映るまわり の景色などの視覚刺激、体の筋肉で感じる知覚などとの調和がとれなくなり、感覚に混乱が生じるために、乗り物酔 いが起こると考えられています。

乗り物酔いの症状

乗り物酔いの兆候として、頭重感・頭痛、生つば、あくびなどの初期症状がみられます。

その後、吐き気や顔面蒼白、冷や汗、手足の冷感、ふらふら感といった症状を経て、ついに嘔吐を引き起こします。

乗り物酔いの症状は脳が警報を鳴らしている状態なので、それを無視していると症状はどんどん重症化します。

直接的原因
視覚 強い光 目に入ってくる刺激の強さ(流れる景色のスピードに眼球がついて行けず脳が混乱する)
嗅覚 車内や排気ガスのにおい
触覚 乗り物の揺れによって、内耳にある平衡器官がうまく働かなくなる

間接的原因
精神 車に酔った人を見る、不安感、心配事などの精神不安自分は酔いやすいという思いこみ
身体 睡眠不足、過労などの健康状態
※乗り物酔いの症状は、乗り物から降りるとじきに回復します。

 

 

スポンサードリンク

 

乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?

効果が期待できる食べ物や飲み物

◆チョコレート、アメ
血糖値が上昇して脳が覚醒するので、乗り物酔いが起こりにくくなります。

◆炭酸水
サイダーやラムネなど炭酸水は、胃の調子や自律神経を整え、身体を自然な状態に保つ効果があるそうです。
※オレンジジュースなど柑橘類は、症状が増し吐きやすくなります。

◆生姜も効果的
胃の粘膜を鎮静化する成分が含まれているため、吐き気を抑える効果があります。

吸収力の強いスポーツドリンクに絞り汁を入れて飲んだり、紅ショウガを食べましょう。

最近では生姜入りの飲料がありますが、生姜入りの炭酸水ジンジャーエールがおすすめです。

◆梅干し
梅干しを食べたときに出る大量の唾液が三半規管のバランスを整え、酸味が胸のむかつきを抑えてくれます。

◆市販薬を飲む
酔いやすい人は市販の酔い止め薬(抗ヒスタミン系薬)を事前に服用する。
酔い止めの薬を飲むことは薬効もさることながら、「薬を飲んだから、もう大丈夫」という安心感が得られ、いっそ うの効果が期待できます。

乗り物酔いその他の予防策

1)十分に睡眠をとり体調を整える
睡眠不足や疲労状態のときは、血圧が下がり内臓や血管の働きを支配している自律神経が乱れやすいため、乗り物に
酔いやすくなります。

2)満腹でも空腹、飲み過ぎの状態での搭乗は避ける。
満腹でも空腹でも乗り物酔いは起こりやすくなります。
乗る直前の食事は控えめにし、お腹が空いたときのために手軽に食べられるおやつや飲み物などを用意しておくと良
いでしょう。

3)体を締め付ける服装は避ける
乗り物に乗る際、お腹を圧迫するような体を締め付ける服装は避けましょう。
ベルトやネクタイをはずし、靴を脱ぎ、窓から新鮮な空気を入れると心身ともにリラックスできます。

5)体を安定させて座り進行方向を見る 
乗り物の中では、頭をなるべく動かさずに進行方向を見るようにしましょう。
進行方向が見えにくいときには、なるべく遠くの景色を眺めるようにしましょう。

また、カーブに合わせて体を傾けるなど、目や耳、筋肉の動きを一致させるのも効果的です。
バスの場合、運転席の近くは後方より揺れや振動が少ないため酔いにくい。
船なら中央の席辺りが振動が少なく、酔いにくい席です。

6)搭乗中の読書、ゲーム、携帯やパソコンはしない。
乗り物の中での読書やゲームはしない。
揺れているバスや車の中で本を読んだりゲームをすると、文字や画面のチラつきが乗り物酔いを助長します。

7)換気を良くする。
窓が開閉可能であればできるだけ開ける。

8)友達と話す、歌を歌う…などが、有効である。
9)音楽を聴く、眠ってしまうなども一定の効果がある。

乗り物酔いの対処法やすぐ治る方法はある?

酔った場合には我慢をせずに乗り物から降り、外の空気を吸うなどしてリラックスしましょう。

途中下車ができない場合には、ペパーミントのアロマ精油を1~2滴落としたティッシュペーパーを携帯しておくと、涼しげな 香りで吐き気が和らぎます。

また、ペパーミントの葉で入れたお茶も胃がすっきりしておすすめです。

病院で診察を受ける
大人になっても乗り物酔いが治らない、あるいは大人になってから初めて乗り物酔いをした人は耳や脳に疾患がある ケースも多々あるので主治医に相談するか、耳鼻科で診察を受けましょう。

①乗り物酔いがすぐ治る方法

乗り物酔いの原因となっている、副交感神経の働きを鎮める方法です。

大きな塊の氷を舌で転がすように出来るだけ長くなめるのがコツです。

このとき、噛んではいけません。

すると、氷の冷たさで「交感神経」が刺激されて「副交感神経」の働きを抑えてくれます。

交感神経と副交感神経はどちらかが興奮すると、もう一方が抑制される働きがあるので、その働きを使った乗り物酔 い回復方法です。

②酔わないツボ

手首の付け根から指1.5本おいた手首中央のへこんだ場所、この過「内関」というツボが乗り物酔いに効くツボ。

乗り物酔いで少しでも気分が悪くなってきたら、内関のツボを反対の親指で押して揉んでみよう。

徐々に気分が落ち着いて、吐き気もおさまるはず。

また、米粒を内関に当て、それをテープで固定しておいても大丈夫。

yoinotubo1

さいごに

いかがでしたか

乗り物酔いが克服できれば、どこにでも心配なく出かけられるようになるはずです。

乗り物酔いの原因や対処法をよく理解し、楽しい思い出づくりにお役立てくださいね♪

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. […] 乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?という記事を参考にしましたところ、船酔いに効く飲み物や食べ物をコンビニで買えるもので調べてみました。 […]

  2. […] 乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?という記事を参考にしましたところ、船酔いに効く飲み物や食べ物をコンビニで買えるもので調べてみました。 […]

  3. […] 乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?という記事を参考にしましたところ、船酔いに効く飲み物や食べ物をコンビニで買えるもので調べてみました。 […]

  4. […] 乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?という記事を参考にしましたところ、船酔いに効く飲み物や食べ物をコンビニで買えるもので調べてみました。 […]

  5. […] 乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?という記事を参考にしましたところ、船酔いに効く飲み物や食べ物をコンビニで買えるもので調べてみました。 […]

  6. […] 乗り物酔い予防に効く飲み物や食べ物は?という記事を参考にしましたところ、船酔いに効く飲み物や食べ物をコンビニで買えるもので調べてみました。 […]

PAGE TOP ↑