BBQで準備するものとやり方は?火の付け方と灰の処理は?

公開日:  最終更新日:2015/06/21

これからの季節、家族やお友達とBBQを楽しみたい。

でも、やったこと無いから不安…

BBQやりたいけどあまり経験ないから、何を準備すれば…

そんな人のために、BBQで準備するものから手順まで分かりやすくご紹介します。

あなたも自然の中で楽しいBBQを体験して、美味しい空気と料理を味わってみませんか?

スポンサードリンク

BBQで準備するものとやり方は?

◆BBQに必要な物◆

BBQコンロ (BBQグリル)
ホームセンターで購入出来ます、どのぐらいの食材を乗せて焼くかで大きさを選びます。

鉄板・網
こちらもホームセンターで購入出来ます。

クーラーBOX・保冷剤(氷)
食材や飲み物を入れておきます。

レジャーシート/敷物

皿・コップ・箸
紙皿や紙コップで使い捨てのものが便利です。

包丁・まな板・ハサミ
食材の準備などに必要です。

各種調味料

トング・菜箸
食材を焼いたり返したりするのに必要。

軍手(手袋)

ゴミ袋(多めに)

ティッシュ(ウェットティッシュ)

テーブルやイス
立って食べることも出来ますが、やはりあったほうが楽です。
また、テーブルは食材など置いたりするのに必要です。

◆火起こしに必要なもの◆

①炭
大人4人くらいで4~5kgあれば余裕を持って出来るでしょう。
ホームセンターで購入出来ます。

②着火剤
新聞紙や紙でも火が起こせますが若干時間が掛かるし、灰が飛ぶので着火剤がオススメです。

着火剤は、固形タイプとジェルタイプが有りますが、固形の着火剤と違い、ジェルタイプは炭に直接付けて燃えるので火が付きやすくお手軽です。

※ジェルタイプは引火力があるので、火の付いたコンロの近くでは使用しないよう注意!

③トング
炭を入れたり火のついた炭をいじるために使います。

④ライター、ガスバーナー等
長めのライターで火を付けますが、最近では火がつきやすいので直接ガスバーナーで火をつける人も多くなっています。

⑤うちわ
火の起こし始めや、炭を足した時に炭に火をまわすのに扇いで使います。

◆BBQのやり方手順◆
①食材の決定・準備
②炭の火起こし
③火起こしができるまでに食材の下準備
④均等に炭に火が付いたら、食材を焼き食べます
⑤BBQが終了したら後片付け・ゴミの処理・灰の処理

 

スポンサードリンク

BBQで簡単な火の付け方はある?

◆簡単な火起こしの方法◆

(1)棒状の新聞紙を10本作る
新聞紙を10cmくらいの幅になるように折って、巻いたら最後にひねって棒状にする。

(2)コンロに炭のかけらを置く
炭のかけらを2~4つほど置く。

(3)炭のかけらの上に、新聞紙を「井」形を作るように組んで置く
隅のかけらの上に新聞紙の棒をやぐらを組むように積み上げる。

(4)新聞紙の周りを囲むように炭を立てる
円筒状に炭を並べます 。

(5)新聞紙に火をつけたら、上から炭を数個置く
火種を井形の新聞紙の中央に落としましょう。
後は、3分ほど待つだけ。

炭を環状に置くことで、その内側で燃焼している部分に上昇気流が発生し、扇がなくても煙突効果で下から空気を自動的に吸い上げ火がつく。

実践動画

初心者の方や早く火を起こしたい方にオススメなのが着火剤です。

着火剤は、組んだ炭の下に置いて使う固形タイプと、炭に直接塗り火を付けるジェルタイプの2つがあります。

ジェルタイプの着火剤を塗った炭を環状に立てて置くことで、その内側で燃焼している部分に上昇気流が発生し、扇がなくても煙突効果で下から空気を自動的に吸い上げ火が付きます。

※やってはいけない!!

炭をつついて動かす
着火に時間が掛かることがある。

湿っている炭をつかう
炭が湿っていると、どんなベテランでも簡単には熾せません。

大きな木炭ばかりを入れる
木炭は小さいほど表面積が広く、着火しやすいので、着火時はなるべく小さなものを集めましょう。

BBQで使った灰の処理はどうする?

キャンプ場では専用の処分所がある所がありますが、無い所などでは以下の方法がオススメです。

冷めるまで待つ時間がない場合は、地面に新聞紙を敷き水で濡らします。

その上に炭を置き、新聞紙で包むようにして上から水で消化。

冷めたら新聞紙ごと、丸めてゴミとして持ち帰り可燃ごみとして出します。

また、濡らしたダンボールの中に入れ水を流し消す。

完全に消えたらビニール袋に入れ持ち帰り、可燃ごみとして出します。

さいごに

いかがでしたか

これでもうBBQ思う存分楽しめますよね!

家族や仲の良いお友達との思い出づくりのお役に立てて下さい。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑