引っ越しする場合の近所の挨拶は、どこまでの範囲すれば良いのか?

公開日:  最終更新日:2015/06/22

ここではお引っ越しに伴う、ご近所さんへの挨拶の仕方やマナー・豆知識を紹介いたします。
引っ越しをする場合、今までお世話になったご近所さんや、これからお世話になる転居先の近所へのご挨拶ってどうすればいいかわからないって人多いと思います。
そこで、挨拶周りで失敗をしないために、少し知識を頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク

お世話になったご近所さんや転居先の近隣へのご挨拶は?

今まで、お世話になったご近所の方々やこれからお世話になる転居先の近所の方々への”あいさつ”は大切です。
ご近所さんにお世話になりましたと、ご挨拶をする際に500円前後から1000円程度の粗品としてタオルや石けん、洗剤などの日用品やお菓子などをのし紙で包んでお渡します。
のし紙の水引には赤と白のものを選んで、表面にはご挨拶と書いておきましょう。

ご挨拶に伺う際は、先方の都合や迷惑にならない時間帯を考えて、玄関先で手短に済ませましょう。
また、お世話になったご近所さんや転居先の近隣へのご挨拶の範囲は、「向こう三軒両隣」といわれ、自分の家の向かい側の三軒のお宅と、左右二軒の隣家で良いでしょう。
マンションやアパート等などの場合は、左右両隣と上下のお宅や大家さんや管理人さんに挨拶するのが基本です。

引っ越し当日は、引っ越し作業の騒音等でご近所に迷惑を掛けることになるので、事前に引っ越し当日は何かとご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いいたしますと、ご挨拶されるのが理想的です。
転居先がマンションやアパートなどで、子供がいる場合は真下の部屋の方のご挨拶は重要になるので忘れずにしておきましょう。
子供って気を使わず暴れてドンドンしたり跳ねたりしますし、結構泣き声なんかも聞こえるものです。
それと、何かあった時に相談しやすいように、町内会などの人にもご挨拶をしておくとよいでしょう。


スポンサードリンク

 

挨拶の仕方は?

引っ越しのご挨拶は、簡潔に「近所に引っ越してきた○○です」と分かりやすく用件を述べましょう。 また、お子さんがいて迷惑をかけそうなことがわかっている場合は、「子供がおりますのでうるさいと思いますが、ご迷惑をおかけするようなことがありましたら遠慮なくおっしゃってください」などの一言を添えると良いでしょう。

引越しの挨拶に伺った時は、なかなか用件を切り出さず相手に怪しまれたり、訪問販売や勧誘と間違われないようスムーズに挨拶をしましょう。

それと挨拶品の渡し方ですが、駅前のティッシュ配りのように大きい紙袋から出して配るのではなく、一件一件両手で丁寧に手渡ししましょう、気持ちが伝わることが大切です。

留守のお宅のご挨拶はどうすればいい?

何度か訪ねても留守の場合は、挨拶品に挨拶状を添えておくだけでも良いと思います。
大切なことは、挨拶に来たということが分かればいいと思います。

転居の連絡ハガキの書き方は?

最近では、親しい間柄の方にはメールで一報する人が多いようですが、お世話になっている方や親類などへの挨拶状は、ハガキで知らせするのがマナーです。

挨拶状は一枚一枚手書きで書くのが一番良いと思いますが、引っ越し準備などで忙しい中時間もかかり大変ですのでパソコンを活用して、最後に手書きで一筆入れておくと心のこもった挨拶状ができます。

急いで挨拶状を出す必要がない場合は、新居に移ってから新居の前で取った写真などを印刷して送ってもいいですよね。

転居の通知をする相手によって、儀礼的な文面にするか、少しくだけた文面にするか異なってきます。 相手が上司や仕事の関係者などの場合は、頭語や時候の挨拶から書き出し、「ぜひお立ち寄りください」と書くのが一般的です。

転居ハガキは、新住所や電話番号を知らせるものです。

連絡する内容が少なく余白ができてしまった場合でもいろいろと書かず、最も知らせたい内容の 簡単な挨拶文と新住所や電話番号で十分です。

転居の連絡ハガキは引っ越し後2週間以内に出すようにしましょう。

最後に

最近では近所付き合いをあまりしていないと言う方や、付き合いは全くしないと言う人もいるようですが、ご挨拶と近所付き合いは別物でなので最低限の礼儀としてご挨拶に伺うことをおすすめします。

 

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑