子供の知恵熱とは?対処法はある?病院へ行くべきなの?

公開日:  最終更新日:2015/09/25

朝は元気よく走り回っていた子供が、夕方から急に発熱したけど、鼻水や咳の症状もなく、発熱の原因がわからないことってよくありますよね。

子供が咳も鼻水もないのにいきなり熱が上がったら、知恵熱かもしれません!

しかしいきなり熱が上がったらウィルス性の風邪?インフルエンザ?

それとも何か病気のサインといろいろ心配になりますよね。

ちなみに、子供が「知恵を使うと熱が出る」と思っている方いませんか??

知恵熱という病名は存在しません!

そこで今回は子供の知恵熱とは?対処法や病院へ行くべきなのかをご紹介いたします。

知恵熱の特徴を正しく把握して、その場面に合った対処法をすることが大切です。

スポンサードリンク

 

子供の知恵熱とは?

◆知恵熱とは◆
昔の人は生後6か月ごろから1歳ごろまでに起こる急な発熱で、はっきりした病気ではなさそうなものを「知恵熱」と呼びました。

このころの赤ちゃんはおすわり、はいはいなど赤ちゃんの行動範囲が広がり、感情表現も豊かになります。

そうした「知恵づき」のころに出る熱という理由が由来。

しかし実際は「知恵熱」という病気(病名)はありません。

そして、細菌の耐性が着く前の赤ちゃんが、免疫力をつける途中で起こる過程で起こる症状が知恵熱といわれています。

子供の知恵熱に対処法はある?

知恵熱とは医学的には認められていない名前ですが、子供が熱を出しいるのですから、その症状に合った対処が必要です。

◆6ヵ月~1歳◆
・突発性発疹
1歳前後の子供がなる症状。
39度前後の熱が3日続いたあと発疹がでます。
小児科を受診し、解熱剤などを処方してもらいましょう。

◆1~5歳◆
・普通の風邪
鼻水・咳が出てる場合は薬を処方してもらいましょう。

・熱のみ
元気や食欲の有無・水分が摂れていれば、知恵熱の場合が多いので、観察しながら経過をみましょう。
水分が摂れない、元気もなくぐったりしている場合はすぐに病院へ。

また、熱の場合、お風呂は控えましょう。
変わったところがないか注意深く観察し、少しでも心配な症状が現れたら小児科を受診しましょう。

 

スポンサードリンク

 

子供の知恵熱は病院へ行くべき?

知恵熱と症状のある熱は、他の病気と正しく見分けないといけません。

[su_service title=”ポイント!” icon=”icon: hand-o-right” icon_color=”#f00412″ size=”20″]
・熱以外の症状があるか
・熱の上がり下がりが繰り返えし出ているか、または一度きりかどうか[/su_service]

高熱や、平熱よりも高い熱が早朝になると下がるのが1日であれば、知恵熱と判断しても良いでしょう。
しかし毎日、夕方になると熱が上がり、朝になると熱が下がるのを繰り返すのであれば、知恵熱以外の病気の可能性がありますので、小児科を受診しましょう。

さいごに

いかがでしたか

知恵が付きはじめた頃に、原因不明の発熱が起きたことから知恵熱と呼ばれていますが、可愛い我が子が熱を出し、たとえ朝下がったとしても念のために、病院へ連れて行ってあげることが大切ですね!

子供の体調を管理するには、親が気をつけて観察することが大切です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑